縫い子

うむむむ、コロナはゴールデンウィーク頃には収束するかなと

思っていましたが、なかなか手強い(涙)

鹿児島市内は4月6日から学校も始まりましたが、

やはり大勢集まる行事などは中止になったり規模を縮小したりと

以前のようにとはいっていませんが、縮小しながらも

サッカーができたり、学校で友達と会えることは恵まれています。

宗屋は、3月から全ての物産展が中止になったり、

感染者が多く県からの要請がある地域での催事はお断りしたり・・・。

お断りするのは心苦しいのですが、高齢の家族と一緒に

住んでいる社員を派遣することはできなく、ここは我慢です。



鹿児島もマスクは手に入らないけど、仕事上では必要。

ということで、何年か振りにミシンを出して

マスク作りをしました!

鹿児島の小学校は、給食の際に給食当番だけではなく、

全員がマスクをして飛散防止をしています。

なので、小学校に入学するときにたくさん作っておきます。

だからなのか、子供達もマスクをして過ごすことに

抵抗はないようです。

社員の分と家族の分と他県に住む家族や親戚の分も。

母からは「小池都知事みたいな大きなマスクがいいなぁ」と言われ、

顔の半分くらいが隠れるメンズサイズです。

子供達には柄のガーゼタイプのマスクを。

思春期男子も母が作ったマスクを文句言わずつけてくれました!

ただし、彼は顔が小さいので女性サイズでも十分(笑)

子供用サイズでも良いくらいだったので、どれだけ小顔なの!?

並んで写真を撮りたくないタイプです(笑)



さぁ、今週は双子の家庭訪問期間。

今回は玄関先で10分程度の訪問になるそうです。

今週1週間も笑顔で頑張ろう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です