タイムスリップ

先週末、恩師が3月に逝去され、その偲ぶ会が行わるということで、

北海道に行ってきました。

鹿児島は未だ最高気温が10度台後半の気温なのに、北海道は一桁。

今シーズンまだ出していないコートを引っ張り出し、

スーツケースに詰めて出発。

どうやら、私が鹿児島から温暖な気候を運んできたのか、

北海道も12度くらいと暖かく、逆にコートを着るとJRや地下街は

暖房が効いていて暑いくらい(汗)

今回は、今でも北海道で新体操に携わってくれている

先生、先輩、後輩が発起人や実行委員として企画してくれました。

一番遠くはハワイからの参加。

まだモノクロ写真時代の先輩から20代の後輩まで年齢層は幅広かったです。

会に参加して、初めて恩師が大正生まれということを知りました!!

私が指導してもらった時点で、60歳は超えていましたが、

いつもアクティブでよく動いていらっしゃったので、

そこまでご高齢だとは思っていなかったのでビックリ!!

上記の写真にある、太鼓を持っていつも機敏に動いていました。

そして懐かしいのは、曲が入っているカセットテープ。

間違ってダビングボタンを押してしまっても大丈夫なように

ツメを折ったり!!

「ツメを折る!」というワードで盛り上がりました(笑)

今の子は何のことか分からないんだろうなぁ。

昔懐かしい体操を踊ったり、ダンスを踊ったり盛り上がりました!

何十年経っても、昔身に付けたことは体が覚えているものですね。

ちょうど、私が中学1年生の頃に北海道で国体があり、

そのときの高校生だった先輩達は合宿、合宿で大変だった

思い出しかないと話されていました。

来年は鹿児島で国体が開催されます。

そこで、また先生や先輩、後輩達に会えるのが楽しみです。

この数時間で中学、高校時代にタイムスリップできました。

久しぶりに旧姓で呼ばれると、何だか違和感(笑)

それだけ年月が経ったということなんだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です