年末年始 その1

今回の年末年始は、双子は北海道、大人組は東京と

2手に分かれてのお正月でした。

 

まずは、北海道のお話し。

元気よく北海道に行った双子さん、

鹿児島は暖かかったからか冬休み前はインフルは流行っていませんでしたが、

どうやら北海道は流行っていたらしく・・・。

北海道に到着して私の両親と妹一家に温泉に連れて行ってもらったのですが、

まずは甥っ子1号が発熱してインフルAが判明し、強制隔離。

温泉翌日、100mの雪の滑り台に連れて行ってもらったものの、

体調が悪くなった双子の三男坊。

どうやらインフルをいただいちゃったようで、インフルAに(苦笑)

それでも、ギリギリ雪の滑り台ができて良かった・・・。

双子の次男坊と甥っ子2号に移らないようにと、三男坊は妹宅へ隔離。

体調不良の年末となってしまったようです。

双子がこんなに別々に過ごすのは、三男坊が入院したときくらい。

あの時は、次男坊は荒れたようですが(2歳だったので)、

今回はさすがにお兄ちゃんになっていたので

甥っ子2号の面倒をみていたようです(笑)

私の両親宅に残された次男坊と甥っ子2号には移ることなく!!

結局、予定の2日には帰ることができずに、

2日間延泊して4日に鹿児島に帰ってきました。

三男坊も最後には雪遊びが出来たようなので良かった、良かった。

これで、もう三男坊から長男へインフルが移る心配は無くなったぞーー。

今回のインフルAでは、妹の旦那さんの機転で、

初めてインフルの新薬を出してもらったようです。

体重が10kg以上なら処方してもらえるようで、

タミフルだったら5日間飲み続けなければいけないところを

1回1錠飲めば済むお薬。

しかも、周りに移りにくくなるとのことらしいです。

三男坊の場合は、2日後には解熱したようです。

リレイザのように吸引が苦手な小さな子には良いのかも。

ただ、新薬なので副作用の症例があまりないみたいです。

三男坊は、発疹が顔や腕にでたのですが、

それが新薬による副作用なのか、高熱だからでたのか

そのあたりは不明でした。

 

次は、東京組のお話しへとつづく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です